風が通りぬける庭から Living Honestly

一人娘も巣だち今は夫と白犬ジョコとの生活。振り返ることが多くなったこの頃。自分自身へ書きとめておきたいことなどを、そろそろ始めましょうか。

パパは単身赴任

今まで生きてきて音楽の趣味が一緒という友人に巡り合えなかったのはちょっと……というか、かなり淋しいかなと思っています。思い返せばコンサートへは一人でいくことが多かったし、私がレコードを買い集めて音楽を楽しみ、ピアの情報からコンサートや映画館に通っていた時代には、友人たちは子育てに忙しくしていた時代でした。彼女たちとは結婚前から音楽の話で盛り上がることもなかったので、考えてみれば趣味が違っていた、とい...
0

病院へ行こう!

つれが3月に心房細動の手術で入院した諏訪中央病院に、先日山梨に戻ったおり再び尋ねました。とは言っても診療目的ではなく、病院の庭へ花の咲くころに是非行ってみたいと思っていたからです。標高1000メートルの場所にある病院は3月の初めはまだ冬の佇まいの中にありました。花の季節を想像しながら術後のつれと散歩をし「入院するならここしかないな」と私。「次は花の季節に入院したい」とつれ、気持ちは分かるけれどこんな変な...
0

整然としないがモットー

梅雨に入ったのもつかの間、爽やかな良いお天気が続いていました。朝晩は涼しく…というより朝は寒いくらいで庭仕事が、はかどりました。6月の半ばころまでが咲く花の種類も多く、毎朝庭に出てはその日の庭仕事を何にするか決めます。とは言っても草取りなどの雑草取りに大半の時間を費やしていましたが…何年もかかって大きくなった植物や、毎年こぼれ種から増えた植物、地中でどんどん根を張り領域を広げようとしている植物などが...
0

我が家のバラの楽しみ方

山梨に戻っったばかりの頃はまだ蕾も硬かったバラですが、遅咲きの種類を除いて、2週間の間に次々と開花が始まりました。我が家は咲いているバラ楽しむだけではありません。つれは毎朝、香りのよい花やバラを神様に捧げます。捧げたあとのバラを器などに入れて私たちが楽しみます。咲き始めは一輪だけだったのが、咲き進むにつれて数や種類が増えて、ちょっと贅沢な気分になります。 水を換えても3日は持たないので、萎れない...
0

未知の道?

その道の、先は見えないけれど入って行きたいと思わせるような雰囲気が漂っていました。昨年の夏ジョコと散歩に行った時に見つけた道です。その道へ行くには今は使われていない、砂利採取会社の私有地を通りぬけていきます。砂利をどんなふうに扱っていたのか想像もつきませんが、残されたコンクリートの残骸と周りの自然とのあまりにもミスマッチな風景が広がる場所です。でも廃墟マニアにとっては興味深いところかも? そし...
0