りんごはキング

  昨年12月に長野県の中野から送られてきたリンゴがそろそろ残り少なくなってきた。  毎年届く母からのうれしいプレゼントだ。    送られてきたフジリンゴは蜜がたっぷりと入って、ほんとうにおいしい。  今回送られてきた箱の中に、姫リンゴかとおもうほどの小さな可愛らしいリンゴが数個混じっていた。  なにかの失敗で実が成長しなかったそうだが、失敗作品ではおいし...

60代のお雛さま

  成人した大人の女性たちが“自分用”として、新たにひな人形を購入するケースが増えているというニュースを目にした。  「子育ても仕事もひと段落した60歳前後の方が、自分への労いとして購入されていくことが多いと思います」  そうね女性だったら何歳になっても自分のお雛さまがほしい気持ちは理解できる。 わが母も自分用の小さなお雛さまを二つ持っていて、この季節になると実家にいつも飾ってあったが、電話をしたら出すのが...

バターナイフと二日酔い

  去年の秋に毎年行われる町のイベントに、久しぶりにつれ合いと一緒にでかけた。  農産物から、植木、木工品、食品、フリーマーケットなど地元の人たちもお店をだす。  会場には舞台が設置され、アフリカンバンドや太鼓演奏、地元のおばちゃんたちのフラダンスやフォークダンスもあってにぎやかだ。  何年か前にこのイベントにきて、地元のおじいちゃんの作った竹かごを買い求めた。手の...

春一番の使者 福寿草

  我が家の春一番の使者が雪の中から顔を出していた。   雪が融けて少し暖かくなったら閉じていた蕾が開いてきた福寿草。  旧正月のころに咲くから元日草ともいわれるらしい。 花は昼間は開いて夕方には閉じる。   福寿草、縁起のよい名前だが、古典的な顔の下に隠しているのは毒。 「毒と薬は紙一重」の例えのごとく薬にもなるらしいが素人は手を出してはいけない植物。&...

♡ 巾着袋の中身

ダイソーで買ってきた金魚の模様のかわいい手ぬぐいを4分の1の大きさにカットして袋を作った。 ちょうどいい太さのひもがなかったのでサマーヤーンを三つ編みにしてひもを作る。 干したみかんの皮の入浴剤をお風呂に入れるための袋。今まで使っていた袋は古くなり、ハーブのシミで汚れたので、新しい袋を作って交換。 みかんの皮に含まれる油分は美肌効果があるとか、乾燥した皮でかかとをマッサージするとかさつきがよくなる...

ダーリンはチョコがお好き?

  甘党のつれ合いのためのバレンタインチョコ?   これだけじゃないよ。 これも   昔からへそ曲がりだったから。菓子メーカーやチョコレート会社の思惑にのせられるのは癪だと思っていた。   かわいくないこと…   クリスマスはケーキを食べる日、バレンタインはチョコを食べる日、それじゃハローウィンはカボチャを食べる日? と割り切っていきましょう。&...

豪雪のSOSはSNSで拡がった

  この冬はちょこちょこ雪が降った。 1週間に1回くらい降ってっているような気もする。 でも積雪量は大したことないから降ってもすぐに融ける。 ほんの一時だけの白い風景。  去年を振り返ればこれで充分。   去年のバレンタインデイの大雪…と言うより豪雪になった一週間前にも30~40センチくらいの雪が降り、融けきらないうちにあの100年に一度と言われた豪雪にみまわれた。&#...

あぼやま丼

  つれ合いがインターそばのスーパーで大きなアボカドを買ってきた。  最近はアボカドも以前に比べて高くなっているから、あの大きさで100円(税別)は安いと思う。   アボカドは、スライスしてわさび醤油で食べることが多いが、サラダやお寿司、サンドイッチやドレッシングくらいでそれほどレパートリーはない。   今回のアボカドで初めてのレシピにトライしてみた。 ...

エイリアンが土を肥やす

  きょう、家から車で1時間くらいの場所にある諏訪湖へ行ってきた。 茅野に用事があったついでに、湖畔を車で一周してきた。   諏訪湖の全面結氷でおこる御身渡がそろそろ見られる時期だが、今日の諏訪湖は強風で水面全体にさざ波がたっており結氷のケのかけらさえ見えない。   今年も去年に続き御身渡が出現しない年になるのかしら…   数年前に諏訪湖畔でつれ合いと娘が...

ベジタリアンの家庭に生まれた娘 伊豆編

  24年も前に田舎の産科のある病院で、菜食病院食をつくってくれるところはなかった。 それで菜食でキリスト教系の東京の病院での出産を決めた。 それにしても横浜の実家から電車でも1時間30分以上はかかるし、車でも渋滞で有名な環八を行くしかない。 マルコウが2つ、ついても不思議はない高齢のうえ初産だから万が一を考え病院の方針の計画出産に沿うことになった。   娘は予定日に...