鬼の居ぬ間におかたづけ

   9月にあわてて飛んできた実家の部屋の様子ときたら…   母も具合が悪かったせいもあって部屋を片付ける余裕などなかったのは仕方がないと思っても、我慢できなかった。   こちらに来て母はすぐに入院となり私の病院通いが始まったが、同時に実家の掃除も始まった。   元気な時には勝手に掃除をするといやな顔をされたので手をつけずにいたが、私もしばらく実家暮ら...

なつかしい風景

今日つれがスマホで撮った写真を送ってくれた。 遠くに八ヶ岳こんな空こっちに来てから見たことないな。こちらでも土手に上がれば西の方角に丹沢の山並みと広い空が見えるけれど、屋根と送電鉄塔のコラボでは感動も薄い。こんな自然の中で普通に暮らしていられる幸せを改めて思い、涙が出そうになった。でも写真の腕は私のほうが上いっていると思っているんだけれど。今日の母割烹着が暖かいと言って、お手製の割烹着を着ている。...

リハビリはドリップコーヒーで

  母の記憶のスイッチは点いたり消えたり。   昔のことはちゃーんと憶えているのに2~3時間前のことは忘れちゃう。言い含めると「あつそうか」と気づく。   数時間前に話し合って、こうしようねと決めたことを忘れて「どうしよう」と迷うか、違うことを言いだすので「こうしょうって決めたでしょう」と言うと「あつそうか」と分かる時と釈然としない表情をしている時がある。  ...

物忘れ外来

  私が優しい気持ちでいれば母も素直になって優しさを返してくれるのが分かった。   私が不機嫌でいると不安から気持ちが混乱してしまうことに気づいた。   それでも物忘れがひどいから心配になって、昨日「物忘れ外来」で診察してもらった。病気が原因の物忘れなら病状が進まないように対応もできるから。   問診とテストのようなことをした後に先生の話を聞きながら、こ...

誰だって若く見られたい?

   横浜に来てバタバタと毎日を送っていたら、すっかり忘れていた。   思い出さなくても困るほどのことでもなく、それで怒られるわけでもないが、その日を忘れていたことに気づき「あー!忘れてた、ごめん」と言ったところで本人?にはなんのことやらのバースデイ。    ジョコが家族になって3ヶ月目に生理が始まったから、逆算して勝手に決めた10月1日の誕生日で今年11歳になっ...

心がきつくなってきました

   今日は母が退院してから2回目の外来の診察に行ってきた。  肺の機能も採血の結果も満点の回復とのことで体のほうはすっかり良くなっているが、家に戻ってからは今日抜糸したことを記憶していない。   病気のせいで弱々しく、大人しくなっていたが、食べられるようになって元気になったら本来の気性が戻ってきた上に痴呆の症状が進んでいるような気がする。   少しの時...

ぬるい横浜でも色づいています

   昨日は娘が山梨は地元の高校のイベントで歌わせていただいたとか。   つれも駅に迎えに出たり、キーボードを運んだりして、まるで娘のローディーの如く朝から手伝わされたそうだ。   雨こそ降らなかったが曇りのお天気でかなり寒かったとのこと。    夜には山梨も冷たい雨が降りだし、雨が上がった後には富士山の初化粧のニュースをテレビが伝えていた。一雨...

アウトローたちのポートレート

  横浜に来て早ひと月が経過。   母が入院中も帰宅後も7時頃にはジョコの散歩に出る。近くを流れる川の土手から橋を渡って対岸を40分くらいかけ、ぐるっと回って戻ってくる。  かつてこの川は農業用水としての役割を担っていたとか、この辺りがいかに田舎だったかよくわかる。田んぼや畑が埋め立てられ家が建ち、引っ越してきた頃にはまだ蛙の声も聞こえていた。  川の土手は自然の...

娘のユニットバンドのCDができました

  昨年末に制作宣言をして9ヶ月目にしてやっと、娘のユニットバンドのCD「color ur life](全7曲)が完成しました。でもユニットの名前も「color ur life]だったような…        娘 全曲作詞、ヴォーカル、コーラス。作曲&ピアノ。相棒 全曲ギター&アレンジ。作曲。 友人達の協力 レコーディングエンジニア、ベース、ピアノ、ジャケットデザイン。&#...

手術から退院までの母のこと

母が入院して2日目に呼吸器内科の担当医より母の病状から外科処置をしたほうがよいと説明を受けた。初めは胸部にチューブをいれ水を抽出するだけかと思っていたが、膿胸という病気の疑いがあり胸膜に溜まった膿が数箇所にあるため掻爬術をする旨の説明を受けた。胸部の炎症から苦しそうにしている母を見ているのは辛く、早い回復が望めるのであれば手術でも何でもと思う気持ちは母も同じだった。細かい説明を受け、手術は5日後に...