今日の一枚 昨日の二枚 白と黄

暖かいというより、ちょっと暑い…このまま季節を先取りして、夏まで進んでいくなんてことは、ないと思うけれど… 何故かアップロードした写真が上下逆になってる  今、花ざかり。...

今日の一枚 昨日の二枚  愛する人と

 わたしは愛する人と静かに…桜を眺める……よてい。...

ノスタルジックなヤブツバキ

厳しい寒さがつづいた冬がやっと終わり、花の便りのブログ記事が目につくようになっても、我家の庭の花はまだまだこれから。でもこの二週間、留守にしている間にお彼岸の日の雪の中で震えている、黄色いクロッカスの写真をつれが送ってきた。これからは季節外れの気温上昇も予想されているから、一斉に花が咲いてしまうような予感を感じている。楽しみは長いほうがいいから、その時期その時期にゆっくり咲いてほしいと思うのは私だ...

議席数に応じたおかず配分(案)

近頃は詐欺内閣の実態の一部が、やっと日の目を見ることになって、もやもや感が少しは晴れる。嘘をつき通そうとする政権に、踏ん張れ野党、正義のマスコミと心の声が叫ぶ。社会学者、宮台真司氏がツイッターにリツイートした、想田和弘氏のツイッターの内容「公文書記録、粘土板への移行を検討 政府」に思わず笑ってしまった。これは?と思って開いてみればその名も『虚 虚構新聞』というブラックユーモアの最たるサイト。読み進...

いじめっこへの仕返し

子供のころ近所に住んでいたサヨちゃんとは、母子家庭同士で母親は働いているから、おばあちゃんに面倒をみてもらっていた、という共通点などがあって時々彼女の家に遊びにいった。一緒に遊ぶことはあっても、子供のころのサヨちゃんはいじわるな子だった。小学校低学年のころ、私の手をまじまじと見て「猿の手みたい」と言ったり、高学年の頃には好きな男子は誰か、とひつっこく聞かれた。「教えてくれたら、私も教えるから」と言...

時に足踏み…

時に更新がパタッと止まってしまう私のブログです。話のタネがなくなってしまう、というか、書きたいことが見当たらない、というか…まあ、何故ブログを始めたのかといえば、撮り続けていた写真をストックしておくだけでなく、公開してみよう、という考えがきっかけでした。普段の生活のなかで、毎日驚くような出来事があったり、珍しい写真の素材に巡り合えるというわけではありません。撮りためてあった写真の中から選んで、関連...

しっかり者と自立心は別?

 飛行機雲が作った空のクロスロードです。引越しをする娘から電話がありました。嫌な予感…「荷物をおばあちゃん家に置かしてほしいんだけど」やっぱり…引越しを決めた、と連絡があった時に、不要な荷物を母のところに持ってこないように、と釘を刺しておいたら返事がなかったので魂胆は見えておりました。「あなたの荷物すでにダンボール一箱以上ありますが!」「今度のアパート狭くて置くところないから、お願い!」わたしも...

垂れ目のおひな様 大内びな

去年の3月3日といえば、つれが入院した日。翌日手術でバタバタして、お雛様を飾る余裕などありませんでした。早いな~あれからもう一年たつとは。しばらく箱入りのままだった、垂れ目が可愛らしい大内びなを今年は飾りました。手のひらに乗るような小さなお雛様は、一人暮らしをしていた大昔、渋谷のデパートで見つけて買ったもの。出すのもしまうのも手軽だし、落としても壊れることがないから(塗りは剥がれるかも)私にピッタリ...