感謝

いつもと同じように…長く寒い季節がおわり、気がつけば春というより初夏になっていた。 タイミングよく今年は、新緑の一番きれいな時期に山梨にいる。 まるで命を吹き込まれたように、森の緑が日ごとに拡大し濃くなっていく。毎日、感じる想いを表現しきれないから、今ここにいられることを感謝するのみ。...

食欲の春

食欲の秋と言うけれど、春だって負けないくらい、ご飯が進む食材が身の回りにある。山菜や山野草と言われるもので、特にわたしが好きなのが、蕗のとうと、つくし。 蕗のとうで天ぷらや蕗味噌を作る。春一番の爽やかさとほろ苦さが口の中に広がる。蕗味みそは瓶詰めが売られているが、蕗の風味がなく甘めの味付けなので、いくら好きでも買ってまでは食べない。春の採りたてを刻んでごま油で炒め、味噌をからめる、出来立てがほ...

久しぶりの映画デート

昨日は、つれと久しぶりの映画デート。そういえば20代の頃、友人に彼氏とのデートにどんな映画を観にいくのか訊ねたら「映画館て暗くって不健康な感じがするから行かない」って。彼女の答えにのけ反りそうになった。お嬢さまでもないのに一体何考えてるんだか。と、いうか単に映画に興味のないカップルだったことに後で気づいた。珍しくつれと観たい映画が一致したので、早速、ネットでチケットを購入。今は入れ替え制だから一回し...

任務終了 今日の一枚昨日の二枚

2年間分の冬の後始末に一週間追われ、やっと片付けた、と一息つく暇もなく、次の後始末がバサバサとふってきた。 華としての任務を終え、次の堆肥としての任務のために雨がふる前に掃き集める。あ!っという間に咲き出してあ!っという間に散ってしまった白木蓮…チャンチャン。...

二本のシンボルツリー

 シンボルツリーといえば、その家の印象を決める唯一の樹木という印象があり、その一本に込められた想いが伝わってくるような風景を見ることができる。わが家の庭に植えられた、いろいろな樹木の中でもハクモクレンとハナモモの二本の木は、どちらもシンボルツリーに相応しいが、どちらと決められずにいる。庭の木の大半は、前に住んでいたこの家の元主が植えたもので、ハナモモもハクモクレンも15年前に私たち家族がこの家...