じょこまんま

じょこまんま


 

 

 

 

私たちに何かあった時、娘ひとりに荷物の処分をさせるわけにはいかないし、自分自身のお荷物さえも整理できない娘のことを思うと、「少しずつ身辺整理をしていかないといけないね」とツレと話しあうこの頃。

 

 

 

それで手始めに私の写真の整理をした。

 

 

 

子どものころや、青春時代、大人になってからの写真を見ると、その時々の思い出がなつかしく蘇るが、重いアルバムはもう開くこともめったになくなった。

ひとつのシーンで何枚もある写真は数枚だけ残し棄てることにした。

 

 

 

 

 

 

だいぶ減った写真だが数年後には、お気に入りを数枚と遺影用だけ残せばいい。

 

 

 

あと何年生きられるかは、神のみぞ知ることだが、遺影用の写真は20歳くらい若いのを使いたいと私は思っている。

 

 

母も遺影用の写真を用意してあるが、1991年に撮った写真だから100歳まで生きていたら37年前の写真を使うことになる。

 

 

新年会でのアルコールのせいか、頬がうっすらピンク色に染まり口角をキリッとあげて微笑んでいる。

 

 

母も私も気に入った写真だからこれを使うことを決めている。

 

 

20代のころの母はほんとうにチャーミングだったが、さすがにその頃の写真を使うのは抵抗があるらしく、本人からもやめて欲しいと言われている。

 

 

 

 

 

 

ここ十数年はカメラがデジカメになり、写真も別付けのハードディスクに保存するようになって目に見える形で写真が残ることがなくなった。

 

 

昔はフィルムを入れて写真を撮り、現像に出して初めて写真を見ることができた。

 

 

現像に出して23日後くらいに受け取りに行くと少し重みのある縦長の袋を受け取り、早く見たくて家に帰るまで待ちきれない思いでいた記憶がある。

 

 

出来上がった写真の何枚かは必ずピンボケの失敗した物もあったが、その時々の楽しかった思い出がまたよみがえり、アルバムが増えていく楽しみがあった。

 

 

フィルム代、現像代、焼き増し代とそれなりにお金もかかった。

 

 

そのうち写真屋さん以外でも現像してくれる所ができて、それも翌日仕上げで、料金も以前に比べればとても安くなったが、写真屋さんへ足を運ぶ必要がなくなってしまったデジタルカメラの時代が始まった。

 

 

今はスマホというあんな薄っぺらな小さな機械の中に大量の写真を保存できる時代になって、若い人はフィルム写真という物をどう捉えているか聞いてみたいものだと思う。

 

 

実家の近くのバス停の前に、お父さんの代から続く今はイケメンの2代目が店主の写真屋さんがあり、昔はウインドウケースの中に初心者向きから一眼レフまで様々なカメラが陳列されていたが、デジタルカメラの時代になって店の雰囲気がとても淋しくなった。

 

世の中の流れで立ちゆかなくなる商売もある時代だが、この写真屋さんは今でも細々と続けている。

 

 

 

 

 

 

今、家にある写真は現在のツレとの生活が始まってからの写真が殆どだが、実家の母が整理しきれないアルバムと私の若かりし頃の写真の一部を持ち帰って整理した。

 

 

私が子どもの頃のモノクロームのちょっと分厚い写真の貼られていたアルバムには写真の角を入れて台詞に貼りつける写真コーナーのような物が少しだけ残っていた。

 

あやとり

 

 

アンティークなこの写真貼り、写真を入れてしまえば見えない部分にもデザインが施されていて、今改めて見ると昭和のおしゃれ心が垣間見える。

 

コーナー

 

 

蛇腹式のこのレトロなカメラMizuho-Six  MODEL Vは従兄弟や私の成長、家族の記録を撮り続けてきたカメラ。叔母の物だったが、昔から古い物好きの私が譲り受けた。と言っても使ったことはなくただ所有しているだけだが。

 

 

 

カメラレンズ

 

 

カメラ斜め

 

 

 

 

 

写真だけでなくお気に入りのガラクタもいつかは整理しなくてはと思っている。

 

 

壊れていないけれど使わなくなったフィルムカメラなど皆さんどうしていらっしゃるのだろうか…

 

 

 

 

Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
miyako  
こんにちは♪

初コメでしょうかしら?miyako と申します。

考えさせられる問題ですね。
うちは息子なので今でも私の物はゴミ扱いされてますから全部ゴソッと捨てられると思います。。
男の子は現実的です。自分もイッパイ変なものを持っているのにね!

うちの母も捨てるのはいやがっていましたけど、物置小屋のリフォームをきっかけに捨てたようですけど・・
それは私達の子供の時の物。。ムムゥ
自分の物は捨ててなさそうなのです。

少しづつ整理をして風通しの良い暮らしを心がけなければいけませんね!

蛇腹のカメラとても素敵です♪大切になさって下さいね!
フィルムカメラ・・どこかに眠っています(_ _。)

2015/09/07 (Mon) 12:03 | EDIT | REPLY |   
プチ・クレソン  
NoTitle

こんにちは

わが家も少しづつですが 色々と物を減らさなくては

と・・・



可愛い~ お母様お綺麗ですね・・・っていうことは

じょこまんまさんも もちろんですよね。


いい写真ですね。

2015/09/07 (Mon) 12:14 | EDIT | REPLY |   
じょこまんま  
Re: こんにちは♪

miyakoさんコメントありがとうございました。

お返事ほんとうに遅くなり申し訳ありませんでした。

miyakoさんのお母さまはご自分の物は大事に持っていらっしゃるのですね。

私はこの3週間病院へ通いながら、母の家を片付ける毎日でした。
病気をきっかけに少しは、要らない物を棄てる気になったようです。

2015/09/27 (Sun) 21:01 | EDIT | REPLY |   
じょこまんま  
Re: NoTitle

クレソンさんこんばんは。

コメントの返事が遅れてごめんなさいね。

元気で丈夫で強気な母でしたが、いよいよ一人暮らしは難しくなり
当分は私が横浜で面倒を見ることになりました。

自然の中の生活から離れるのはとても淋しいですが仕方ありませんね。

2015/09/27 (Sun) 21:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply