じょこまんま

じょこまんま





昨日はインドのクリシュナ神の誕生日。



毎年、家族だけだったり友人を招いたりして、お祝いをする。



今年はツレと二人だけでささやかに祝った。






祭壇を花で飾ってこの日のための料理を作る。

プラサーダム


ツレが特別な日にだけ作る2品の料理がある。


パイ生地のような皮を作って、ゆでたポテトとグリーンピースをスパイスで味つけしたものを、皮に包んで油で揚げる「サモサ」は野菜餡の揚げスナックのようなもの。

さもさ1 


サモサ2


具はポテトが一般的だが、我が家ではカリフラワーを細かく刻んだものを入れる。


皮はサクサクで中味はジューシーなので、ポテトとは別のおいしさだと思っている。チャツネをつけて食べると、なお美味しい。




もう一品、必ずツレが作るのがインドのスイーツ「グラブジャムン」は今年は時間がなくて作ることが出来なかった。


パウダーミルクで作る丸いドーナッツのようなものを一日以上シロップに漬け込んだスイーツは、どのインド人が作ったものより、日本人のツレの作った物の方がおいしいと私は思っている。



「グラブジャムン」の代わりに、畑のブルーベリーで作ったジャムを乗せたチーズケーキを、わたしが作ったが午前中の絶食の後のプラサーダム(神様に捧げた後の食事)が美味しすぎて別腹に入る余裕がなかったほど…だった。



インドのスパイスもギー(精製バター)も28年前は遠慮したい食材だったが、時にはルウを使わずスパイスだけで作るカレーも食卓に登場するようになり、カレー以外のインド料理も大好きになった。




Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply