じょこまんま

じょこまんま

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

じょこまんま

じょこまんま



今日は霧が峰高原のエリアにある八島湿原に行ってきました。

夏が終わり、晩秋の入り口にあたる今頃なら人出も少ないかと思って出かけていきましたが、晴天に恵まれた土曜日とあって、そこそこに賑わっていました。

霧が峰高原には、うら若き山ガールだったころに、草原を埋め尽くすように咲いていたニッコウキスゲの写真にあこがれ、2回ほどハイキングに来たことがありました。

今は近くなってもドライブでビーナスラインを通り抜けるだけでしたが、今日は久しぶりに軽~く歩いて来ました。

秋の花の名残りと草紅葉も始まったばかりの八島湿原の写真を数枚。来週辺りにはこんな色になるかな?ちょっと修正もしてみました。


kirigamine.jpg   



rindo2 


yamahahako3 


2mamusigusa 


2tukubatorikabuto 


2yamarakyou 


habayamabokuti2 


遊歩道 



家に戻り1980年に発行された、山と渓谷臨時増刊号の『東京周辺 週末ハイキング』の本を改めて開いてみました。湿原周辺は木々が湿原を囲むように生えていましたが、本の写真には数えるほどしか木がなく緑の草原の風景が広がっていました。


自然は変わらないと思っていましたが、わずか37年で風景が変わったのは、人が足を踏み入れたことで生態系が変わってしまったということなのかしら?と考えてしまいました。



樹木はミズナラやマユミを多く見かけましたが、これから37年後には湿原の風景がどんな風にかわるのか、万が一生きていたら見てみたいものです…








Posted by

Comments - 2

There are no comments yet.
マーニ  
初めてお邪魔いたします。

何とも、麗しい ” ブルースマン ”のご主人様と、サラリとお暮しの様子。
宜しいですねぇ。

自然も、人に出会えば、踏みつぶされ、刈りたおされ、
しかし、大きなスパンで考えれば、人もまた、自然!

南アルプスのふもと辺りまで、オフロードバイクで楽しんで30年あまり、
新しい道路が出来て、車が入り込むと、、野草や季節の山草、、ひとつ残らず抜き取られて、
熊や鹿でも食べつくさないモノを、人は興味本位か商売か?あさましいものです。

しかし、それでも人をキライにはなれません。
そんな矛盾したカオリ?

コチラでも感じた様に思うのです。
又、お邪魔させていただきます。

それにしても、、お洒落なトコロですねぇ。

2017/10/02 (Mon) 09:31 | EDIT | REPLY |   
じょこまんま  
Re: 初めてお邪魔いたします。

マーニーさんコメントありがとうございます。

霧ヶ峰のニッコウキスゲも一時は鹿の食害で数を減らしたそうですが、電気柵などの対策により大分回復したそうです。
家の周辺でもシカ、サル、イノシシが出没して、畑には必ず囲いが必要です。地元の人曰く昔はこんなに出てこなかったそうです。

生態系の変化は気候が関係していることもあるようですが、その原因が人の暮らし方にある以上はライフスタイルを一考する必要性を感じています。難しいですが…

2017/10/02 (Mon) 21:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。