じょこまんま

じょこまんま

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

じょこまんま

じょこまんま



前回の台風18号は日本列島を縦断すると予想されていたので、心配していましたが、山梨をかするように通り過ぎ普段よりは多い雨という程度に終わり、ほっとしました。


ですが……またまた日本列島直撃型の21号がやって来るようです。そんな中、私とジョコは横浜に移動、つれは一人で山梨に帰宅です。大丈夫かな…


山梨を直撃するような進路予想の時は、家中の雨戸を閉めて厳戒態勢に入りますが、おかげ様でいつも良い意味での肩すかしに終わります。

地元の人の話では周りに南アルプスや八ヶ岳の高い山があるから風が弱まるそうですが真偽のほどは…


屋根が飛ばされそうな風台風を経験したことはありませんが、雨の怖さは田舎暮らしを始めて何度か味わいました。
その経験から裏山がある家と川のそばの家はパスということで、今の家を探しました。

以前、ブログにも書きましたが、初めての田舎暮らしの地、南伊豆の家のすぐ裏に山があり、二軒借りていたうちの一軒に土砂が流れ込むという怖い体験をし、家は壊れませんでしたが、廊下が湾曲に曲がり驚愕いたしました。


山間部にあった静岡市郊外の家は、沢と渓流が交わるすぐそばに建っていました。普段は渓流の静かな流れの音が心地よく、暑い日には川に下りていって水浴びなどしたものでしたが、大雨が降ると水かさが増し茶色の濁流がごうごうと流れる風景に一変します。
夜、寝静まってから聞こえる、川の中の大きな石がぶつかり合う音はまるで雷かと思うほどでした。つれはその衝撃で水中で火花が散る光景を目の当たりにしたとか、超スリリングな夜だったようです。

大雨がふるたびに、一応避難の準備をして、南伊豆では小学校に、静岡では公民館に避難しましたが、避難したのは私たちだけでした。地元の人たちは慣れたものです。

山梨に移った初めはシトシトと静かな雨ばかりでしたが、この数年は雨の様子もちょっと変わってきました。


後ろの山は離れてはいるものの、100ミリを超える大雨がここだけに降り続いたらその山だって崩れるかもしれません。そうなったら土砂はどの方向にどのくらい流れていくのかな?などと考えると、ここでも枕を高くして眠れなくなりそうです。


水害の心配はないと考えて火災保険の水害を前々回の契約時に外したばかりですが、どうしたもんだろう…

 
 hatuga 2   
クリスマスローズのこぼれ種からたくさん発芽しました。
前回は移し替えが早過ぎて全部枯らしてしまったので数年はこのままにしておきます。
一輪の花が咲くまで4~5年はかかるかな…みんな元気に育て!






Posted by

Comments - 2

There are no comments yet.
はちみつ  

おきな台風が近づいていますね~。
最近は上手に山梨を避けてくれていましたが、今回は心配ですね。

2017/10/21 (Sat) 17:40 | EDIT | REPLY |   
じょこまんま  
Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
今回も肩すかしで通り過ぎて行ってくれるとよいのですが、ちょっと心配ですね。

2017/10/21 (Sat) 23:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。