じょこまんま

じょこまんま

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

じょこまんま

じょこまんま



40年来の知人でした。


美しいものが好きで繊細な方でした。

絵を描くことは趣味でしたが、いつの間にか絵描きさんになりました。ブルーとパープルの色調の中にヨーロッパの風景が描かれた絵を年賀状で送ってくださり、毎年楽しみでした。

年賀はがき 

昨年…


奥様からの喪中はがきに声もでませんでした。


今年は…

喪中はがき少なくてうれしい。


Posted by

Comments - 2

There are no comments yet.
マーニ  

出会いの多い若いころとは違って、別れる事ばかりのこの頃、
ソレゾレの、人の思い出は減るどころか、速度を増して増えて行くようです。

きっと最後には、ソノ中に自分さえ埋め込まれて行くのだろうと感じられます。
すると、遠い思い出までが、身に付いた空気みたいに、実感されて、、
何だか嬉しい気持ちにもなるのです。

喪中の手紙も、
自分のが届いた相手が、どれほどの想い感じてくれるのだろうかと、
じょこまんまさんの気持ちが伝わると良いですね。

2017/11/28 (Tue) 08:50 | EDIT | REPLY |   
じょこまんま  
Re: タイトルなし


母の仲良し4人組は、母より若い3人がすでに旅立ってしまいました。

考えてみれば長生きって淋しいですよね。

私は適当なところで幕引きができればと思っていますが、こればっかりは…

2017/11/28 (Tue) 21:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。