じょこまんま

じょこまんま

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

じょこまんま

じょこまんま



実家の近所に住むお年寄りが、自宅の縁の下で生まれた子猫を保護し、何故か私の従妹を頼って里親探しを頼んできました。



ネコ好きで気のいい従妹は気軽に引き受け、子猫を病院へ連れて行ったり、自分のゲージを貸してあげたりと里親を捜す段取りをしたりしているうちに、そのお年寄りがおかしいと言い出しました。



従妹にしてもボランティアの気持ちでやっているのに、里親さんを早く見つけてくれないと、自分の体が持たないとか、猫を庭に離す(捨てる)とか言い出してほとほと困っていました。



結局、保護協会の方にも協力をお願いすることになって分かったのですが、その高齢者の方は預かりさんとしては適切ではないという理由で、二度と猫を保護しないようにと以前釘を刺されていたそうです。そしてその事が原因で娘さんにもきつくお叱りを受けていたそうで、今回は2世帯住宅に住む娘さんにバレないように、内緒で隔離していたために気が気ではなかったようです。





保護環境も悪く結局従妹と我が家で一時預かりをすることになりました。
実家の居間に置いたゲージの中で新しい環境に順応できるように、人にも馴れるように学習させることにしました。




初めは恐怖心から目を見開き、耳はイカ耳になっていましたが、毎日音のする環境に置き、抱っこして撫でまわしているうちに、ほんの少しですが前進が見られました。



先日譲渡会に参加した中では一番のイケメン君。でもエイズ+で超ビビリなのがマイナスポイントになってしまうかな?


チャイ 

多少時間がかかっても、よいご縁で里親さんが見つかるのを待っています。



と、ここまで下書きのつもりで書いたのですが…

大分馴れたと思っても朝になるとリセットしてしまい、ネコベットの下や隅っこに潜りこんでしまいます。下はおもちゃで遊んでいた時の写真ですが、勢いがよすぎてソファーから落っこち、我に返ったようにキョロキョロした後、サッと隅っこに逃げ込んでしまいました。
一歩前進二歩後退といったところでしょうか。

2チャイ

ミルクティーの色のチャイ君、抱っこも嫌がらず、じゃれるし、ほんとうに可愛い…

Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。