じょこまんま

じょこまんま

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

じょこまんま

じょこまんま



母がまだ現役で仕事をしていた頃、山梨出身のご主人を持つお客さまが二人いました。そのお二人が同じように言っていたのが、「山梨はむかしお米が取れなかったから、ほうとうばかり食べていたのよ」とちょっと小ばかにしたような口ぶりに、わたしの中では、ほうとう=マイナーな食べ物?というイメージで捉えていました。


30年以上も前に軽井沢旅行から帰る途中、昼食に立ち寄った店で初めてほうとうを食べたことがあります。
本家山梨ではなかったからなのか、不味くはなかったけれど、とても美味しかったという記憶もありませんでした。


その後はほうとうを食べる機会もありませんでしたが、山梨へ移ってからはスーパーの棚にフツーに何種類もの生麺が並んでいるのを見かけ、我が家でも冬の定番メニューになりました。
野菜(大根、人参、白菜、エノキダケ、小松菜、かぼちゃ、ゴボウなど)とお揚げと一緒に煮込んで味噌仕立てで仕上げます。寒い日には、ほんとうに体が温まります。

ほうとう



昔はお米が取れなかった山梨ですが、わたしの住む地元では米作りが盛んで、賞を取るようなブランド米を作っている農家もあるそうです。

長野県ではおやき、山梨はほうとうと粉食の料理文化が発達した両地域も今では北アルプスや南アルプスからの清流で育ったおいしいお米が生産される時代になりましたが、前出の奥様方はご存知ないだろうな~。

ほうとうは、今では山梨のソウルフードの代表ではないでしょうか。



Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。