じょこまんま

じょこまんま

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

じょこまんま

じょこまんま




お正月が過ぎてちょっとジョコの気になる行動があったので今回はジョコも横浜で一緒に過ごすことになりました。

気になる行動というのは、呼んでも反応しない、部屋の中をグルグル回る、冷たい土の上でフセをしてるなどで、一度きりでしたが、とうとうボケてきたかと心配になりました。


横浜に来てからは心配していた症状は出ないものの、後ろ足がふらつくようになり、これも加齢のせいかと思っていましたが、心配した娘が様子を見に訪ねてきた頃には、頭が左側に傾きコケるようになってしまいました。

joko_20180123173437324.jpg 

それでも翌日、近くの動物病院までよろめきながらも尾をしっかり上げいつものように嬉しそうに、散歩を兼ねて歩いて行くことはできました。


症状を伝え名前を呼ばれ診察室に入るなり、獣医師から「目が回っていますよ」と言われ、娘が前日に調べておいた前庭疾患と診断されました。


内耳炎や脳腫瘍などから起こる場合もあるものの、はっきりした原因は分からないとか。ステロイド薬などで治療し回復する仔もいれば、治らずにその症状に慣れてしまう仔、慣れずに食欲がなくなり衰弱してしまう仔もいるそうです。

ジョコの場合は耳に原因はなく、血液検査も受けましたが、そこにも原因は見つからず、取りあえず薬を飲んで一週間様子を見ることになりました。


高齢犬(ニャンコも)になると突然に起こる病気だそうで、youtubeやネットでの情報が多いのに改めて驚くのと同時にジョコは軽いほうだと少しほっとしました。



血液検査では腎臓の機能が衰えはじめていることが分かりました。今まで病気ひとつせず、まだまだ若いと飼い主は勝手に思っていましたが、高齢期に入り体のトラブルが起こり始めたようです。

ペットフードを腎臓食用に変えるようアドバイスを受け、食事療法食は美味しくないので気に入った物を選んで下さいと何種類かのサンプルをいただき、家に戻り早速食べさせてみるとどれも喜んで食べます。


今まで食べていたフードに比べ何倍もする価格は我が家のお財布には痛手ですが、ネットであれこれ捜し、お得に買える(それでも高い
)ショップで2種類の腎臓サポート食を注文しました。

数値は標準と高値のギリギリのライン、完治はしないけれど病状をこれ以上進ませないように食生活を変えるしかないようです。相当ながっつきですが今後、人の食べ物は一切ダメで大好きなパンも食べられなくなりました。
すべての食品に含まれるカリの摂取を断つための療養食だけの食生活にして一日でも長生きさせるのが良いのか、寿命が短くなってもある程度好きなものを食べさせてやるのが良いのか、悩むところです。

前庭疾患の方は改善がみられますが、まだ傾きや多少のふらつきが残っているので以前のようにひとりで階段の昇り降りができなくなっています。あと数日の投薬で完全に治ってほしいものです。
ジョコの急な介護生活の始まりに戸惑っているアラコキの母です。

j&t 
チャイはジョコに興味がありますが、ジョコはどうでしょう?
この表情を見れば分かりますね(笑)




Posted by

Comments - 2

There are no comments yet.
♪デコ♪  

動物は声を発する事が出来ないだけに
高齢になると色んな心配が出てきます

一昨年の年末最終日
デコ実家のワン海斗の父醍醐を亡くしているので

弱る姿を目の当たりにしている経験もあり
じょこちゃん心配っ

めまいは人間でも気持ち悪いですから
早く回復しますように

たくさん栄養食おたべ^^

じょこちゃん迷惑そうな表情^^
萌えますっ

今日はホームセンターで
ガラス越しににゃんこと遊びました
デコの顔見てにゃ~ぁって

めんこいめんこいっ

2018/01/27 (Sat) 18:03 | EDIT | REPLY |   
じょこまんま  
Re: タイトルなし

デコちゃん心配してくれてありがとう。
頭がまだ傾いているもののとっても元気です。階段の上り下りも自力でできるようになりました。
ただし介護者つきですが。

私たち夫婦も若くないのでジョコが最後の仔になるかなと思ってます。

2018/01/28 (Sun) 00:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。