じょこまんま

じょこまんま

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

じょこまんま

じょこまんま




昨日は、つれと久しぶりの映画デート。


そういえば20代の頃、友人に彼氏とのデートにどんな映画を観にいくのか訊ねたら「映画館て暗くって不健康な感じがするから行かない」って。
彼女の答えにのけ反りそうになった。お嬢さまでもないのに一体何考えてるんだか。
と、いうか単に映画に興味のないカップルだったことに後で気づいた。


珍しくつれと観たい映画が一致したので、早速、ネットでチケットを購入。
今は入れ替え制だから一回しか観られない、昔とは変わったもんだわ。20代の頃はお弁当持って2本立てなんかよく観にいったもので、ロードショーの1本だけじゃ物足りなかった。ストーリーが把握できなかったりすると何回でも観られた昔が懐かしい。



シニア夫婦だから二人でも2200円、カードのポイントで実質タダになった。


映画は話題の『ペンタゴン・ペーパーズ』
ペンタゴン2 


機密文書の暴露に対し、報道の自由を守り抜いた記者たちの奮闘と、女性の自立が描かれているが、今わたしたちのすぐそばで起こっていることに置き換えて観ずにはいられなかった。そしてラストシーンがウオーターゲート事件の始まりという描き方に、さすが巨匠と感じた映画だった。

エルズバーグ 
ベトナム戦争の政策を分析した機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」をリークしたダニエル・エルズバーク本人


キャサリン3 
メリル・ストリープが演じた、米紙ワシントン・ポスト最高経営責任者キャサリン・グラハム本人


土曜日でも席は空いていたし、観客はわたし達夫婦と、似たり寄ったりの年齢層の人ばかりで、若い人は見かけなかった。

政治に関心がない若者が多いから、47年前にアメリカで起こったことなどに関心などないんだろうな、と思いながら映画館を出た。



Posted by

Comments - 2

There are no comments yet.
マーニ  
最近の・・

無力感からくる政治への無関心?
いえ、今日の自分探しに躍起なのかもしれません。

仕事もプライベートも先の見えない暗さなのでしょう。

それなら、いっそ、、想った事をヒトツに決めて真っ直ぐ、、と、説明しても、
ヒトツだけ信じて、、「騙されるのがコワイ」のだとか、、

一度の人生だからこその臆病。

それとも、、騙す人の多さが原因かもしれません。

言葉や画像のウソがはびこって、、いや、、もう、それが当たり前とか、、
若い人には進みにくい道なのでしょう。

時々、信じてススム姿見せる若者、、勿論、そのまま行ける訳も無いのですが、、応援したくなりますね。


2018/04/09 (Mon) 07:31 | EDIT | REPLY |   
じょこまんま  
Re: 最近の・・


若者は…と書いたものの、自分の若い時を振り返れば政治に関心を持てなかったのは同じですが、
正義感だけは持っていたと思います。


映画館に足を運ばなくても官邸前で毎週のように政権への疑問を投げかけている人たちの中に
若者も大勢いたことを忘れていました。

2018/04/09 (Mon) 11:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。